5時帰宅部

「上手な働き方」と「上手な遊び方」について考え、実践し、発信していくブログ。 将来的に、仕事と遊びの区別なく生きていくのが目標。

はじめに

僕のモットーは「定時帰宅」だ。

定時のチャイムが鳴るのと同時に、颯爽と会社を出るのが理想。

しかし、以前の僕は「定時帰宅」とは程遠い働き方をしていた。

 

10時過ぎに、ふと顔を上げオフィスを見渡すと、誰もいなくて、自分が部署で一番遅くまで残っているのだと知る。

今頃、同僚のみんなは家族と団らんしているのだろうと想像すると、何度もため息がでた。

毎晩のように残業が続き、大きなストレスを抱えていた。

日々、目の前の仕事に追われ、どれだけ一生懸命やっても仕事が途切れることは無かった。

やっと終わったと思ったそばから、仕事が机に積まれていく。

僕は完全に疲弊していた。

 

仕事して帰ってご飯を食べて寝るだけの生活。

毎日、同じ事の繰り返しで、自分の人生に価値を見いだせなくなっていた。

あるとき、こんな生活を変えたいと本気で思った。

その日から、僕の自由を獲得していく生活が始まった。

お金のことを考えると、会社を辞めるのは現実的に難しい。

それならば、1日の中で少しでも自由な時間を取り戻そうと決めた。

僕は、定時に帰ることを心に誓った。

 

やるべきことは単純だった。

「情報を集める」ことと「実行する」ことだけ。

まずは、本やインターネットで働き方に関する情報を必死で集めた。

仕事が速く、かつ実績を出している人たちの考え方は、僕にとって新鮮なものばかりだった。

情報を取り入れたら、あとは実行するのみ。

とりあえず、仕事が速く、かつ実績を出している人たちのマネをしてみようと思った。

 

取り組みを始めてから、僕は少しずつ定時に帰られるようになっていった。

そして今では、ほぼ毎日定時に帰っている。

定時に帰ることは、僕の生活に大きな変化をもたらした。

定時に帰ると、家に着くのがだいたい6時くらいで、寝るのが12時だから、平日でも自由な時間は6時間ある。

6時間もあれば、できることはたくさんある。

趣味に使ってもいいし、友だちとご飯にいってもいいし、運動したっていい。

疲れていたら、ゆっくり休むという使い方だってできる。

僕自身は、友だちとご飯にいけるようになったし、ランニングなど身体を動かす機会も増えた。ときには映画だって観に行ったりする。

そして、定時に帰宅することでよい循環が生まれている。

まず、自分の時間をもつことでリフレッシュでき、気持ちにゆとりができる。

それだけでもストレスが大幅に軽減された。

そして、明日もしっかり働こうと、仕事に対するモチベーションが高まった。

結果的に仕事の効率があがり、また翌日も定時に帰ることができるという具合だ。

 

以前の残業続きだった頃の僕は、働き方も遊び方も下手だったように思う。

定時に帰ることを心に誓ってから、本当に生活は大きく変わった。

働き方も余暇の使い方もうまくなったと感じる。

このブログでは、「上手な働き方」と「上手な遊び方」について、考え、実践し、その内容を発信していけたらと思う。

 

上手な働き方とは、「定時帰宅」が最終目標ではない。

むしろ、「定時帰宅」はその第一歩に過ぎない。

定時に帰宅できるということは、やるべきことを最小限に抑え、余裕をつくることである。

そういった余裕の時間からこそ、新しいものは生み出されると思う。

皆さんの生活に余裕が生まれ、仕事でもプライベートでも何か新しいことを生み出すきっかけとなれば、これ以上に幸せなことはない。