5時帰宅部

「上手な働き方」と「上手な遊び方」について考え、実践し、発信していくブログ。 将来的に、仕事と遊びの区別なく生きていくのが目標。

いにしえの道・熊野古道中辺路を行く ~その①~

熊野古道中辺路って?

 

熊野古道とは、熊野三山熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称のことで、主に以下の5つの道を指す。

紀伊路

小辺路

・中辺路

大辺路

伊勢路

 

www.hongu.jp

(上記HPに地図が載っているので、ぜひご覧いただきたい。)

 

上皇から庶民にいたる多くの人々が、一千年以上もの昔から、熊野を参詣したそうだ。

人々が切れ目なく熊野に参詣する様子は「蟻の熊野詣」と例えられたほど。

中でも、最も多く歩かれてきたのが熊野参詣道・中辺路である。

今年のゴールデンウィークは、この「熊野古道・中辺路」を踏破することを目的に、旅に出た。

 

概要

 

<コース>滝尻→熊野本宮大社湯の峰温泉(約40km)

<とき>2017年5月3日(水)~5月6日(土)

<メンバー>U君、僕

<手段>徒歩

 

5月3日(水)の行程

 

15:15

新大阪駅から紀伊田辺駅行きの特急「くろしお」に乗り込む。

席は広くて結構快適だった。

途中から海が見えてくる。

 

17:40

紀伊田辺駅に到着。

 f:id:ryou-m:20170531200652j:plain

 

 

 

弁慶の像が出迎えてくれた。

 

f:id:ryou-m:20170531200739j:plain

 

 

 

18:00

ホテルに到着。

チェックインを済ませ、美味しいものが食べられるお店を聞いて、さっそく出かけた。

 

紀伊田辺駅の前には小さな商店街があって、その周辺に飲み屋が集まっていた。

地図を見ながら、お店をさがす。

「しんべ」というお店が良さそうだったので、中へ入ることとする。

 

f:id:ryou-m:20170531200818j:plain

 

 

 

お店の中はいっぱいで、自分一人がなんとか座れる状況だった。

「もちかつお」と「えびだんご」がおすすめと言うので、それを頂くことにした。

隣に座っていたおじさんは、どうやら地元の客みたいで、「どこから来たのか」などと色々話しかけてきた。

後から入ってきた客が「もちかつお」を頼んでいたが、売り切れと言われていた。

それを見ていたおじさんが「もちかつお食べられるのは、運がいい。」と言ってきた。

聞くと、もちかつおは、しめて4~5時間以内に提供されたものみたいで、地元以外ではまず食べられないし、天気が悪い時も漁に行けないので食べられないと言う。

もちかつおは、食感が独特でもちもちした感じがあった。

 

隣のおじさんは、その日近くの海で釣ってきた鯛をお店に持ち込んできていて、お寿司にして食べていたのだが、ぼくにそれを食べるように勧めてくれた。

結局、お店で食べたのは「もちかつお」、「えびだんご」、「サザエのつぼ焼き」、「とろろ飯」など。どれも本当に美味しかった。

 

www.jpcenter.co.jp

 

隣の人にお礼を言ってお店を出る。

しばらく、商店街をぶらぶらして、ホテルへ戻った。

 

25:10

就寝。

いよいよ翌日から熊野古道中辺路を歩く。