5時帰宅部

「上手な働き方」と「上手な遊び方」について考え、実践し、発信していくブログ。 将来的に、仕事と遊びの区別なく生きていくのが目標。

生産性を上げたいって?じゃあカフェに行くしかない。

生産性が落ちている。

 

最近、読書量がめっきり減った。

以前は、週に2、3冊読んでいたのだが、最近は月に2、3冊程度しか読んでいない。

また、ブログの更新頻度も低くなりつつある(元々頻繁に更新していないが)。

「今日はあの本を読もう。」とか「今日はブログを更新しよう。」とか考えるのだが、結局実行できていない日が多い。

家へ帰ってご飯を食べ、テレビをぼーっと観ていると、いつの間にか寝る時間がきている。

そして、「あぁ今日も本を読めなかったし、ブログも更新できなかった。」と後悔するのだ。

 

なぜ実行できないのか。

 

なぜやろうと思った事が実行できないのか、原因を考えてみた。

一番の原因は「誘惑が多いこと」にあると思う。

ちょっと疲れたなと思ったらすぐ横になれるし、テレビもすぐ観られる環境にある。

そして、一度横になったり、テレビを観たりし始めると、作業に戻るのは中々難しい。

誘惑にはまるのは簡単だが、そこから抜け出すのは容易ではない。

 

カフェへ行くことにした。

 

そこで「誘惑を排除すること」にした。

しかし、自宅では誘惑を排除することは難しい。

作業をするたびに、布団やテレビを目に入らない場所へ移動させることは不可能だ。

そうなると、自宅外ということになる。

誘惑がなくて、ゆっくり作業ができる場所として最適なのが、カフェだろうと考えた。

 

カフェ探し。

 

作業するのに良さそうなカフェを探してみた。

僕が求めるカフェの条件は以下の通り。

 

①家から近い。

 

これはかなり重要。

家から遠いと通うのが面倒になる。

往復の時間がそもそももったいない。

 

②人が少ない。

 

隣の席に人がいると会話の内容が聞こえてきて、集中しづらい。

適度に空いているカフェの方がいい。

 

③テーブルが広い。

 

パソコンで作業しようとすると、少しスペースが必要。

飲み物しか置けないような小さなテーブルしかないカフェははずす。

 

④禁煙エリアと喫煙エリアがきちんと分かれている。

 

タバコのにおいが苦手。

それ以外の環境が良くても、結局足が遠のくだろう。

 

カフェに通い始めたら、生産性が上がった。

 

上記の条件を持たしているカフェを見つけたので、そこに通ってみることにした。

まだ通い始めて2週間くらいだが、とても効果を感じ始めている。

誘惑もなく、すごく集中して作業に取り組める。

実際、カフェでは集中力が高まるとの報告もある。

 

 

読書量は格段に上がったし、ブログを書くペースも戻りつつある。

 

ただ、お金がかかる。

 

 

僕の場合、週に5日くらい通っているので、1カ月の費用にすると1万2千円ほどかかる。

これを高いと感じるか、妥当だと感じるかは人によると思う。

でも、月に1、2回しょうもない飲み会に参加しても同じぐらいの金額がかかるので、それと比較すると有意義な使い方ではないかと思っている。

以前、お金がないときは、図書館を使っていたりした。

ここも作業をするにはよい場所なのだが、夜は開いていないなどの時間的制約が大きいという欠点がある。

 

まとめ

 

・生産性を上げるためには、誘惑を排除する必要がある。

・誘惑を排除するには、誘惑のない整った環境を見つけるのが有効。カフェがおすすめ。

・作業するのに最適なカフェを探そう。

・カフェを利用する頻度は、財布との相談。