5時帰宅部

「上手な働き方」と「上手な遊び方」について考え、実践し、発信していくブログ。 将来的に、仕事と遊びの区別なく生きていくのが目標。

ご飯を作らない生活がもう1年以上も続いている。

自由な時間が足りない。

 

大学時代は自由な時間がたっぷりあった。

そのおかげで、趣味や勉強に心置きなく没頭することができた。

趣味は心のエネルギーを満たしてくれ、勉強は自分の考えを深めてくれた。

また、自由な時間があることで、自分はどうなりたいのか、何をしたいのかをじっくりと

考えることができた。

人生を良い方向へ引っ張ってくれるものとして、自由な時間は僕にとっては不可欠だ。

ところが、会社に入ってからは、この自由な時間が思うように確保できなくなった。

特に平日は自由な時間が極端に少ない。

家に帰り、ご飯を食べて一息ついていると、あっという間に寝る時間になっていることも多い。

なんとか平日も自由な時間を多く作れないかと考えてみた。

 

ある平日のスケジュール

 

まずは、平日のスケジュールを書き出してみる。

 

07:30 起床。朝食&準備。

08:00 出勤。

18:00 帰宅。夕食の準備開始。

19:00 夕食。

19:30 夕食の片づけ開始。

20:00 自由時間。

21:30 洗濯、部屋の片づけ、風呂の準備開始。

22:30 風呂。

23:00 自由時間。

23:30 就寝。

 

このスケジュールを元に、どの行動にどのくらいの時間を費やしているのか計算してみた。

 

睡眠 8時間

仕事 10時間

食事(朝食+夕食) 1時間

入浴 30分

家事 2時間30分

自由時間 2時間

 

自由時間は2時間あることが分かった。

ただし、これは残業をしなかった日の場合である。

2時間残業した場合は、この自由時間はまるまる消えることとなる。

 

どの時間を削ることができるか。

 

自由時間を増やすために、どの時間を削れるか考えた。

 

睡眠 8時間→日中のパフォーマンスが落ちるため、これ以上は減らせない。

仕事 10時間→残業なしでこの時間なので、これ以上は減らせない。

食事(朝食+夕食) 1時間→減らしたくない。

入浴 30分→減らしたくない。

家事 2時間30分→減らせる余地あり。

 

家事のみが減らせる余地があるということが分かった。

家事をさらに細かくみていくと、一番多く時間がかかっているのは、「夕食の支度」だった。

夕食の買い出し+調理+片付けで1時間30分ほどもかかっている。

これをなんとか短縮できないか。

 

夕食作りはお金をだして代行してもらう。

 

僕の出した答えは、いたってシンプルだ。

それは「外食すること」。

夕食は、お金をだして代行して作ってもらうという考えだ。

これによって、買い出し+調理+片付けに費やしていた1時間30分をまるまる浮かせることができる。

とりあえず始めてみようと思って、夕食は外食で済ませるようになったのだが、気が付くと、そんな生活がもう1年以上も続いている。

 

外食のメリット・デメリット

 

外食を利用するメリットとデメリットについて紹介しよう。

なお、ここで紹介するメリット・デメリットは、あくまで僕個人に当てはまるもので、他の方に該当するとは限らない。

 

メリット

・時間を浮かせる。

・自分が作るより美味しい(僕はあまり料理が得意ではないので)。

・多様な料理を食べられる(僕は料理のレパートリーが極端に少ない)

・食材を腐らせることがない(料理をしていた頃は、よく食材を余らせていた)

 

デメリット

・お金がかかる。

 

まとめ

 

僕は外食することによって、毎日1時間30分もの自由時間を余分に確保することに成功した。

その時間を思いきり趣味や勉強の時間にあてることができている。

仕事と家事で終わっていた毎日が、自由な時間を手に入れたことで、すごく充実感が増した。

以前は「これもできなかった。あれもしたかったのに。」と思いながら床についていたのだが、今ではそんなストレスはない。

たしかにお金がかかるというデメリットはあるのだが、僕にとってはメリットの方がずっと大きかった。

忙しくて自由な時間がとれないと悩んでいる人は、「家事の一部を代行する」という選択を一度考慮してみてはいかがだろうか。

中でも、外食はもっとも手軽に利用できる家事代行サービスと言えるだろう。