5時帰宅部

「上手な働き方」と「上手な遊び方」について考え、実践し、発信していくブログ。 将来的に、仕事と遊びの区別なく生きていくのが目標。

山旅に持っていくなら、結局どのカメラがいいの? ~その②~

山旅に出かけると、はっと息を飲むような美しい光景に出くわすことがある。

そんなキレイな光景を写真に収めたいと以前から思っていた。

そして、とうとう2017年7月にカメラを手に入れた。

この記事は、写真に関して全くのド素人の男が、あれこれ悩んで1つのカメラを手に入れるまでの過程を書いたものである。

前編はこちら。

www.gojikitakubu.com

 

カメラに求める条件をもう一度確認。

 

カメラに求める条件をもう一度確認してみる。

条件は6つ。

 

①コンパクトデジタルカメラである

②画像センサーサイズは1型以上である

焦点距離が28mm以下からスタートする

F値1.8以下からスタートする

⑤価格は10万円以下である

⑥防塵防滴である

 

気になったのは、このカメラ。

 

結論から言うと、①~⑥の条件に完全に当てはまるものは見当たらなかった。

でも条件に近いカメラはいくつかあった。

条件にほとんど当てはまっていて、気になったカメラを3つ紹介しよう。

 

「コンパクトデジタルカメラ Tough TG-5」オリンパス

olympus-imaging.jp

 

このカメラの発売日は、2017年6月23日。

「登山 カメラ」とか「アウトドア デジカメ」とかと検索すると、このカメラがよく出てくる。

アウトドア用のコンパクトデジタルカメラでは、かなりメジャーな商品と思われる。

 

僕がカメラに求める条件にどれくらい当てはまっているのか、確認していこう。

①コンパクトデジタルカメラである→Yes

②画像センサーサイズは1型以上である→No(センサーサイズは1/2.33インチ)

焦点距離が28mm以下からスタートする→Yes(焦点距離:25mm~100mm)

F値1.8以下からスタートする →No(F値:2.0~4.9)

⑤価格は10万円以下である→Yes(参考価格:53,400円 2017年10月時点 ヨドバシカメラ

⑥防塵防滴である→Yes

 

「画像センサーサイズは1型以上である」と「F値1.8以下からスタートする」の2つがNoだった。

より高画質な写真を撮るためにも、センサーサイズはちょっと妥協したくない。

F値に関しても、2.0からスタートしているのが、少し気になる。

 

悪いことばかり書いてしまったが、このカメラは色々スゴイ機能をもっている。

特記すべき機能を挙げていく。

 

【特記すべき特徴】

・タフ性能

「防水15m、防塵、耐衝撃2.1m、耐荷重100kgf、耐低温-10℃に加え、耐結露にも新たに対応したTG-5。山や海、雪の中など過酷な環境下でも安心して撮影を楽しめます。」

進化した高画質/タフ性能 TG-5 | 防水デジタルカメラ T(Tough) シリーズ | オリンパス

 

・フィールドセンサーを搭載

「TG-5が搭載するフィールドセンサーシステムは、移動中の位置情報(緯度・経度)や気温・水温、標高(水深)、方位のトラッキングデータを記録することが可能。本体天面のレバーをLOGにするだけで記録を開始できます。」

フィールドセンサーシステム TG-5 | 防水デジタルカメラ T(Tough) シリーズ | オリンパス

 

山では雨や砂、ほこりにさらされることが多いので、「タフ性能」はかなり有り難い。

どんな環境下でも、気にせずにガンガン使える。

 

Tough TG-5の1つ前のモデルで「Stylus TG-4 Tough」があるのだが、それに関するレビューを紹介する。

 

moognyk.hateblo.jp

 

画質を気にしていたけど、この記事を見る限りではかなりキレイに撮れている印象だ。

 

 

PowerShot G7 X Mark II」キヤノン

cweb.canon.jp

 

このカメラの発売日は、2016年4月21日。

僕がカメラに求める条件にどれくらい当てはまっているのか、確認していこう。

①コンパクトデジタルカメラである→Yes

②画像センサーサイズは1型以上である→Yes(1.0型高感度CMOS(裏面照射型))

焦点距離が28mm以下からスタートする→Yes(焦点距離:24-100mm)

F値1.8以下からスタートする →Yes(F値:1.8~2.8)

⑤価格は10万円以下である→Yes(参考価格:69,120円 2017年10月時点 ヨドバシカメラ

⑥防塵防滴である→No

 

「⑥防塵防滴である」以外は、全てクリアしている。

僕の求めているカメラに非常に近い。

 

「デジタルスチルカメラDSC-RX100M3」SONY 

 

www.sony.jp

 

このカメラの発売日は、2014年5月30日。

DSC-RX100はシリーズで、RX100、RX100M2、RX100M3、RX100M4、RX100M5の5種類がある。

RX100M4とRX100M5は動画の性能が上がっていて、それなりに値段も高くなっている。

写真を中心に撮るのであれば、RX100M3で充分かなと思う。

比較表 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー

 

それでは、RX100M3は、僕がカメラに求める条件にどれくらい当てはまっているのか、確認していこう。

①コンパクトデジタルカメラである→Yes

②画像センサーサイズは1型以上である→Yes(1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor R CMOSセンサー

焦点距離が28mm以下からスタートする→Yes(焦点距離:24-70mm)

F値1.8以下からスタートする →Yes(F値:1.8~2.8)

⑤価格は10万円以下である→Yes(参考価格:81,960円 2017年10月時点 ヨドバシカメラ

⑥防塵防滴である→No

 

こちらのカメラも「⑥防塵防滴である」以外は、全てクリアしている。

PowerShot G7 X Mark II」とほとんど同じスペックなのだが、値段が1万円以上違う。

この違いは何からきているのだろうか。

 

DSC-RX100M3のレビューでこの記事を見つけた。

写真がとてもきれいに撮れている。

fuandstyle.com

 

ヨドバシで悩む。

 

あとは実際に現物を見て決めようと思って、ヨドバシカメラへ向かった。

近くにいた店員さんに声をかけ、撮りたい対象と求める条件を伝えた。

最初にすすめられたのは、「コンパクトデジタルカメラ Tough TG-5」オリンパス

「タフ性能」に優れていて、アウトドアの色んなシーンでガンガン使えるとのこと。

アウトドアと言えば、このカメラと言った感じらしい。

手に取ってみると、しっかりとした造りで、すごくかっこいい。

でも、やっぱり画像センサーサイズが1.0型より小さいというのが気になる。

 

「『タフ性能』」を考慮せずに、画質の良さを求めるとどのカメラがおすすめですか?」と質問し、紹介されたのがSONYDSC-RX100シリーズ。

やはり、写真を中心に撮るのであれば、Ⅲがおすすめとのこと。

手に取ってみると、他のデジタルカメラと比較しても、コンパクトな印象。

 

PowerShot G7 X Mark IIとDSC-RX100 M3って、スペックはほとんど同じですよね。値段が1万円程度違うのは、何の差ですか。」と聞くと、

「スペックはほとんど同じです。DSC-RX100ZEISSというメーカのレンズを使っていて、価格の差は、主にレンズの性能の差です。」とのこと。

 

結局買ったのは、これ!

 

他のカメラについても、色々説明してもらったが、上記の3つ以外に有力な候補は現れなかった。

店員さんに一通り説明してもらって、僕はしばらく悩んだ。

「コンパクトデジタルカメラ Tough TG-5」は、タフ性能に優れているという点でかなり惹かれていたが、画質の良さでは、「デジタルスチルカメラDSC-RX100M3」や「PowerShot G7 X Mark II」に劣る。

キレイな写真を撮りたいっていうのが一番の目的だから、画質はやっぱり妥協したくない。

ということで、「デジタルスチルカメラDSC-RX100M3」と「PowerShot G7 X Mark II」の2つに絞った。

この2つは、スペックはほとんど同じ。さてどちらにするか。

それぞれの良い点を挙げて考えてみた。

 

○DSC-RX100M3の良い点

・レンズの性能がより良い

・コンパクト(DSC-RX100M3:本体のみ約263g、 PowerShot G7 X Mark II:本体のみ約294g)

 

PowerShot G7 X Mark IIの良い点

・1万円ほど安い

 

レンズの性能が良いという点と、コンパクトであるという点は、妥協したくない。

それを考えると、1万円の差はなんとか我慢できる。

あとは直感的に、DSC-RX100M3を手にしたとき、これで沢山写真を撮りたいと思った。

ということで、DSC-RX100M3に決めた。

f:id:ryou-m:20171022162559j:plain 

 

まとめ

 

カメラに対して何の知識もない僕が、悩みながら1つのカメラを選ぶ過程をお話してきた。

結構時間はかかったけど、最終的に納得できるカメラを選ぶことができてよかったと思う。

カメラの知識がないけど、カメラが欲しいと思っている方は、下のような順番でカメラ選びを進めていってはどうだろうか。

 

①使うシーンや撮りたい対象を考える

②カメラに求める条件を考える

③ネットや本で下調べする

④現物を見て、お店の人の話を聞く

⑤購入

 

あらかじめ、撮りたい対象やカメラに求める条件をはっきりさせておけば、自分自身が下調べもしやすいし、お店の人からも的確なアドバイスがもらえる。

こういうステップを踏めば、自分にあったカメラに出会える可能性がグッと高まるだろう。

 

DSC-RX100M3を購入して、3カ月ほど経っているが、現時点ではすごく満足している。

コンパクトで持ち運びも便利だし、色鮮やかな写真が簡単に撮れる。

カメラを持っていくことで山旅がより楽しくなった。

下の写真は、2017年8月に屋久島へ行ったときの写真。

 

 

f:id:ryou-m:20171022162653j:plain

 

f:id:ryou-m:20171022162729j:plain

 

f:id:ryou-m:20171022162752j:plain

 

f:id:ryou-m:20171022162814j:plain

 

しばらくはこのカメラでカメラの基本的な使い方を学びながら、山旅で出会う景色をたくさん切り取っていこうと思う。

近いうちに、DSC-RX100M3のレビューもしていきたい。