5時帰宅部

「上手な働き方」と「上手な遊び方」について考え、実践し、発信していくブログ。 将来的に、仕事と遊びの区別なく生きていくのが目標。

【島の山旅】に出る前に見ておきたいオススメのWebサイトと本。

「島の山旅」ブーム来てる?

 

最近、「島の山旅」が気になっている。

「島の山旅」にハマったきっかけについては、この記事をご覧いただきたい。

www.gojikitakubu.com

 

「島の山旅」は、文字通り「島」にある「山」を散策するスタイルの山旅だ。

最近、本屋へ行くと「島の山旅」に関する本や雑誌を少しずつ見かけるようになってきた気がする。

もしかしたらちょっとしたブームが起きているのかもしれない。

意識して探しているから、目に止まるようになっただけかもしれないが。

 

屋久島」に行ってきた。

 

2017年8月に、屋久島へ行ってきた。

ずっと行きたかった場所で、実際に訪れてみると想像以上に魅力的な島だった。

屋久島では、トレッキングはもちろん、リバーカヤックや島一周ドライブなども楽しんだ。

2泊3日という短い時間だったが、とても充実した時間を過ごせたと思う。

きれいな景色や美味しい料理、現地の人との交流、野生動物との出会いなど、屋久島の魅力は一言では語りつくせない。

屋久島を訪れたことで、僕はますます「島の山旅」にハマってしまった。

そのときの写真がこちら↓。

 

f:id:ryou-m:20171022162653j:plain

 


 

f:id:ryou-m:20171022162729j:plain

 

 

 

f:id:ryou-m:20171022162752j:plain

 

 

 

f:id:ryou-m:20171022162814j:plain

 

詳しい旅の様子は、また改めて報告しようと思う。

 

「島の山旅」に関する情報を集めてみた

 

そういうわけで、他に魅力的な島はないか、一度じっくり調べてみることにした。

様々な書籍や雑誌、Webサイトを見て、特に参考になったものを今回は紹介していこうと思う。

 

【Web】「公益財団法人日本離島センター

しま山100選

 

「(公財)日本離島センターでは、海に囲まれた島の山々の個性や魅力にスポットをあて、全国の島々を対象に、「しま山100 選」を選定しました。」

しま山100選

 

2016年11月に、公益財団法人日本離島センターが「しま山100選」を選定。

北は礼文島から南は与那国島まで、日本各地の魅力的な「しま山」が100紹介されたサイトだ。

100山は全国からバランスよく選ばれているので、自分が住んでいる近くの「しま山」が選ばれているか見てみるだけでも楽しい。

また、ひとつずつに登山コースや、登山口までのアクセスなどが記載されているので、実際の山登りにも参考になる。

もう少し詳しい内容が知りたい人は、下で紹介する【雑誌】「しま山100選」を参考にしてほしい。

 

【雑誌】「しま山100選 登山で見つける、新しい島の魅力」

 

しま山100選―登山で見つける、新しい島の魅力 (mont‐bell BOOKS)
 

  

「北は礼文島から南は与那国島まで、日本全国の個性豊かな「しま山」を詳しい文章と写真で紹介。そして島の住人でなければ知り得ないような登山ルートのマップも収録。島までの交通や宿泊情報はもちろん、その島の固有種や下山後のグルメ、立ち寄りスポットなど、旅に役立つあれこれが満載。本土とはひと味違った山登りを紹介します。」

モンベル | オンラインショップ | しま山100選 登山で見つける、新しい島の魅力

 

 

先ほど紹介した【Web】「公益財団法人日本離島センター」に掲載されている「しま山100選」のガイドブック。

Web版も、しま山100選の全ての情報が見られるのだが、こちらの雑誌にはより詳しい情報が載っている。

この雑誌がモンベルから出版されているのは、おそらく「しま山100選」の選定委員に、モンベル代表取締役会長の辰野 勇氏が入っているからなのだろうと勝手に想像している。

ちなみに、この雑誌の本文を執筆されているのは、斎藤潤という方。

日本全国には、有人離島が418島あって、そのうち南鳥島以外は上陸したという強者。

東京大学を卒業後、JTBに勤めながら島を周り、その後旅ライターとして独立という変わった経歴をもたれている。

この方の経歴を見ていると、会社に勤めているとかいないとか関係なく、面白そうなことはとりあえず全力でやってみようと思えてきた。

とりあえず僕は、寝る前にこの雑誌をパラパラめくりながら、次にどの「しま山」へ行こうか考えている。

 

【書籍】「春夏秋冬 島の山旅」 

 

春夏秋冬島の山旅―厳選32島トレッキングガイド

春夏秋冬島の山旅―厳選32島トレッキングガイド

 

 

「日本列島の3000近い島々の中から、海の魅力に加え、素晴らしい山歩きができるベスト30島を厳選。特別編として韓国と南太平洋ニューカレドニアの2島、あわせて32島を収録。海も山も旅も楽しめる、欲張りな「島の山旅」を満載した一冊。」

東京新聞:春夏秋冬:東京新聞の本(TOKYO Web)

 

僕が、「島の山旅」という言葉を使ったのは、元々はこの本の影響だったと思う。

著者は、敷島 悦朗(しきしま えつろう)さん。

編集者&ライター&カメラマン&登山愛好家&辺境愛好家&ダイバーなど、様々な肩書きをもつ。

この本では、素晴らしい山歩きができる32の島が厳選されている。

32の島に厳選されているので、1つの島に対する写真や情報が多く、詳しいコースも掲載されている。

特別編として、海外の済州島と南太平洋ニューカレドニアの2島が加わっているのも、うれしい。

この本がきっかけで、日本だけでなく、海外の「島の山旅」にも興味をもつようになった。

ただ、写真は白黒が多いので、もう少しカラーがあったら、なお良いのにと思う。

 

【雑誌】「RUN + TRAIL Vol.25」 

RUN + TRAIL Vol.25

RUN + TRAIL Vol.25

 

 

「第1特集 島旅

ISLAND PACKING=ISLAND TRIP×FASTPACKING

登山界でもトレイルラン界でもいま注目されているファストパッキング。入門イベントもかなり増えてきているほど、その入口での情報を欲する人が多いです。今回は旅をする感覚が強い島旅とくっつけて、より冒険的な要素を盛り込みます。島の雰囲気、独特の文化を写真&文章で出しつつ、島旅の魅力とともに島旅&観光ガイドを紹介し、テント泊のファストパッキングの面白さを伝える特集です。」

 RUN+TRAIL (ランプラストレイル) RUN + TRAIL Vol.25 | 三栄書房

 

トレイルランの雑誌。

Vol.25は、「島旅×ファストパッキング」を組み合わせた特集。

今月(2017年11月)に小豆島へ行く予定なのだが、雑誌でも小豆島が紹介されていた。

小豆島は、クライミングができる岩場がある島としても結構有名らしい。

その岩場の1つを、スクランブリング(ロープなしで、手を使いながらよじ登っていく登山のスタイル)で登っていく様子が紹介されている。

その様子を撮影した動画がこちら。

 RUN+TRAIL (ランプラストレイル) RUN + TRAIL Vol.25 | 三栄書房

 

マネできないけど、軽快に岩場を登っていくのも気持ちがいいのだろうと思う。 

それから、「ファストパッキング」の考え方や実践法なども紹介されている。

とくに「[特別付録]本誌登場エキスパートのパッキング図鑑」は、道具選びの参考になる。

  

【雑誌】「WILD SIDE(ワイルド サイド) アウトドアトリップ マガジン vol.1 アウトドアの島旅へ」

 

 

「第一弾では、「島旅」を大特集。奄美大島カヤックツーリング、 屋久島で宮之浦岳登山、 西表島で密林&海岸歩き、 サンライズ瀬戸輪行しまなみ街道ポタリング、伊豆諸島でフィッシング&キャンプなど。アウトドア+旅の楽しみをぎゅっと凝縮!」

WILD SIDE(ワイルド サイド) |地球丸

 

登山やトレッキングだけでなく、シーカヤックや釣り、原付ツーリング、温泉、キャンプなど多彩な遊び方を紹介している。

シーカヤックや原付ツーリングなんかはとても気持ちよさそうで、今度島へ行ったとき、チャンスがあったら、やってみようと思った。

島や山での遊び方を広げてくれるような雑誌だと思う。

他にも、西表島のジャングル歩きや海岸歩きの情報は、他の雑誌などであまり見かけないので非常に参考になった。

 

今行ってみたい島

 

今行ってみたい島は、ずばり「西表島(いりおもてじま)」。

 

西表島は、北緯24°、東経123°に位置する八重山諸島にある島です。島の面積は約284平方km、周囲が約130kmと沖縄県では沖縄本島に次いで2番目に大きな島です。島の約90%が亜熱帯の原生林に覆われ、イリオモテヤマネコカンムリワシセマルハコガメなど15の国指定天然記念物を有する学術的にも大変貴重な場所です。西表島には大小合わせて約40の川が流れており、その多くの河口付近にマングローブを有し、特に仲間川流域のマングローブは日本全体のマングローブ面積の約4分の1を占めるほど雄大なものとなっています。」

西表島ってどんなところ?西表島観光案内|イリオモテドットコム

 

西表島と言えば、イリオモテヤマネコを思い浮かべる人も多いだろう。

そのイリオモテヤマネコが棲む奥深いジャングルをひたすら歩いて、島を縦断するというコース(軍艦岩船着場~大富)がある。

9時間ほど歩き通さなければいけない過酷なコースだけど、一度チャレンジしてみたい。

そのコースの間では、珍しい動植物やキレイな滝などが見られるらしい。 

http://www.kojitusanso.jp/tozan-report/detail/?fm=879

 

他にも西表島ではこんなアクティビティができる。

・カヌー、カヤック

・キャニオニング、シャワークライミング

・洞窟体験

セグウェイ

・スキューバダイビング など

 

トレッキングや登山だけではもったいない。

西表島に行ったら、いろんなアクティビティを楽しみたい。

 

まとめ

 

これまでに行った「島の山旅」は以下の通り。

 

①2017年08月 屋久島(白谷雲水峡)

②2017年10月 淡路島(諭鶴羽山(ゆづるはさん))

 

これ以外にもいくつか行っているけど、記録に残していなので、2016年以前のものはカウントしなかった。

今月(2017年11月)には、「宮島」と「小豆島」へ行く予定なので、年内に少なくとも4つの島には上陸できそうだ。

 

日本には有人離島だけでも418島あり、海外を含めると膨大な数の島がある。

その中で、登れる山がある島も多数あるはずだ

(「しま山100選」があるくらいだから、少なくとも日本には100はある)。

まだ見ぬ景色がたくさん待っていると思うと、それだけでワクワクする。

 

どの「しま山」を選び登っていくかは、現在、思索中。

「しま山」を選ぶ基準はたくさんあって、どの基準で選べばよいか迷っている。

 

おもしろそうと感じた「しま山」から?

近場の「しま山」から?

標高が高い「しま山」から?

北から?南から?

「しま山100選」の番号順?

 

「しま山」を選ぶ基準ができれば、「島の山旅」はより一層おもしろくなりそうな気がする。

今後も「島の山旅」に関する情報を集めて、折りを見て記事にしていきたい。